家系図活用① 家系図参り

どこにいても手を合わせられる新供養「家系図参り」のススメ。

 

急増する墓じまいで生まれる「罪悪感から解放」される方法をご提案。

 

家系図参りって? リンク画像

長引くコロナ禍や少子高齢化で維持管理が難しくなり、「墓じまいや改葬(引越し)」を行う方が急増。

 

その数は実に年間10万件を超えると言われています。しかし、やむを得ずとはいえ、代々受け継がるお墓に手を加えることに「罪悪感」を感じ、自分を責めてしまう方が後を絶ちません。

 

様々な理由(病気、ケガ、維持管理費、遠方への引越し等)から墓参りに行けない方にとって、お墓から離れた自宅や病室にいながらにして、より日常的に手を合わせることのできる「家系図」という存在は、まさに画期的な存在であるといえます。

 

また、墓じまいをしても尚、ご先祖様を大切につないでいくことが可能です。 

家系図活用② 親孝行

あなたは、親孝行と聞いて何を思い浮かべますか?

 

豪華な食事、素敵な旅行・・。

 

それは生きているうちに、会えるからこそできる孝行。

 

しかし、このご時世では叶わないことも多く、また気恥ずかしさから機を失い、離れ、失ってみて初めて「親孝行すればよかった」と悔やまれる方も多いです。

 

だからこそ弊社は、新しい「親孝行の贈り物」として、こちらを提案致します!