· 

5/28(土)開催「はじめての浜松戦国講座」 参加者募集中!

<歴史講座開催のお知らせ>

 

この度、歴史講座を開催することが決定しました!

第一弾は「はじめての浜松戦国講座 -450年前の三方原合戦前後を中心に-」。

講師は、大石泰史先生です。

(NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」時代考証/NHK大河ドラマ「麒麟がくる」古文書考証)

 

参加お申し込みは以下ボタン先の公式HPから随時受け付けております!

 

多くの方にご受講頂ければと、

1部は、”リアル会場”と”オンライン”での同時開催を予定しております!

また2部では、「歴史街歩き」を開催!

講師の大石先生と、会場となる地域情報センターから、浜松城を目指して

街を歩きながら浜松の歴史を探っていきます。

 

<三方ヶ原の戦いって?>

 

三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった武田信玄と徳川家康・織田信長の間で行われた戦いです。

 

信長包囲網に参加すべく上洛の途上にあった武田信玄率いる武田軍を徳川・織田の連合軍が迎え撃ったが敗退。

 

そんな歴史的な戦いに実は、多くの静岡県人、日本人のルーツが関わっているとしたら歴史がますます面白く感じられるはずです!!

 

大学生として、新入社員として、転勤として浜松に来られた方も多いと思います。

歴史はちょっと苦手・・という初心者でも楽しめるように、企画致しました!

<開催詳細>

 

日時:令和4年5月28日(土曜)

  【1部】戦国歴史講座 10:00~12:00

  【2部】浜松歴史街歩き 13:30~15:30

 

会場:浜松地域情報センター (定員100名)

   浜松市中区中央一丁目12-7 

   [アクセス]遠州鉄道西鹿島線電車 「遠州病院前」下車、徒歩2分

   JR浜松駅徒歩10分

<開催にあたって>

 

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」を静岡で盛り上げよう!

 

趣旨

 

2023年NHK大河ドラマは「どうする家康」。ツワモノどもが群雄割拠する戦国時代を生き抜き戦国乱世を終わらせ、現代社会の礎ともなる260年の天下泰平の世を築いた徳川家康が主人公のドラマが静岡、愛知を舞台に繰り広げられます。

 

ここ静岡は戦国時代から続く500年の歴史がたっぷり残されているにも関わらず、歴史への人々の関心が低く非常にもったいない状況といえます。「これだけ歴史の宝庫であるこの地の魅力を市民の皆さんと一緒に学び深めて、より魅力的なまちづくりへとつなげていきたい。」そんな思いで企画させて頂きました。地域の偉人や祖先を知ることから歴史が自分事になるその面白さ、先人への畏敬の念と感謝の思いを後世へ繋いでいくためにも、今この時代を生きる私たちに与えられた役割は非常に大きいと感じています。

 

今後も、この地のすばらしさを共に体感できる講座を企画していきたいと考えています。

 

静岡の歴史をつなぎ楽しむ会

世話人 塩崎明子(命つながる家系図 代表)